綿わた(木綿)ふとんの打ち直し

押入にしまい込んでいる、綿わた(木綿)のふとんはありませんか?

今お持ちのペチャンコにつぶれたふとんや、思い出のご婚礼ふとん・・・ 古いおふとん、押入れにしまったままになっていませんか?

before

after



「ぺちゃんこで固い」「平たくて冬寒い」「ジメジメしている感じ…」「カビ臭い」「来客用に置いてたけど、もう使わない」
「側地が破れている」「なんかホコリが出る」「ダニアレルギーが心配」「重くて上げ下ろしが大変…!」


そのお悩み解決いたします。
綿わたふとんは、当店の熟練したふとん職人が、一枚一枚手作りで丁寧に心をこめて仕立てております。

昔ながらの綿ふとんは、近頃スーパーやデパートには置いていません。再利用できるので大量販売できず、アフターフォローの手間もかかるからです。しかし、敷ふとんでは最も多くの方が使われているのが綿ふとん。
その訳は、
天然素材の綿は程よい弾力があり、汗をしっかり吸収し、保温性にも優れている健康に最適な素材だからです。


今お持ちのその古いおふとん、
汗かきの子どもさんや腰に不安がある年配の方まで、実は快適にぐっすり眠れ、気持ちのいい朝を迎えることができるのです。特に敷きふとんのご使用がおすすめです。

大切な資源をムダにせず、ふとんの再利用、ロングサイズやお子様用ふとん、座布団、ごろ寝ふとん等へ!
わたを打ち直しをする事で、新品同様にふっくら生まれ変わりますよ。費用も新しく購入するよりも約半額で済みます。
ぜひ、一度お試しください。必ず見違えるような仕上がりでお届けさせていただきます。

工程 1

綿を1枚1枚広げて、タテ・ヨコ交差に綿を重ねていきます。

工程 2

扇形に厚みをぼかしながら、四隅の綿を切り取ります。

工程 3

仕上がりのポイントになる綿の調整です。


工程 4

綿が絡まないように側地に入れます。

工程 5

ふとんの隅までキッチリと入れるのが職人の技です。

工程 6

綿がずれないように数ヵ所、糸で固定します。


完成! ふかふかに仕上がりました。ぐっすり眠ってください。

掛ふとん・敷ふとんはもちろん、ロングサイズやお子様用ふとん、こたつ、座布団、ごろ寝ふとん等、「こんなサイズが欲しい」にお答えいたします。上げ下ろしが楽チンになる、特殊綿を使用し軽く仕立てることも可能です。

 

綿わたの打ち直し、新しい側生地の交換、お仕立て直し(※足しわた代は別途かかります)

【掛ふとん】¥8,900 (税別) ~ 【敷ふとん】¥9,900 (税別) ~